射精コントロールの利く俺はドッと熱い劣情の証を口中にぶちまける

拘束されると逃げようもない そして塗り終えた薬がすぐにスーッと心地良く染み入って来たかと思うと、括り出された3点のはしたない尖りはますますググッと嫌らしく大きく膨らんで来ます。こうしてえっちなラバー下着の装着を終えた私はContinue reading… 射精コントロールの利く俺はドッと熱い劣情の証を口中にぶちまける

と言われ嫌と言っても許してもらえず結局自分の指で自分のオマンコを触ると

ローションを付け おお、オレも髪伸ばしてたぞぉ、あの頃。チューリップハットを被ってたなぁ。笑い声とヤジとも歓声ともつかない声が広がっていた。男達の騒ぎを見極めたかのごとく、築二十年以上経つ安アパートの外観がゆっくりと映しContinue reading… と言われ嫌と言っても許してもらえず結局自分の指で自分のオマンコを触ると