フェラチオテクニックの凄さに抵抗を諦めて目を閉じ

そして俺は激しくピストン

ガラにもねぇ。おい、これ、生涯の秘密にしてくれよ。涙を拭きながら、左頬だけでニヤリとするリキ。夜中に、呼び出して済まなかった。じゃ、和花さんと、幸せにな。たった一つのバッグを肩に担いで、リキは出て行った。筋肉の盛り上がった、その背中に悲しみは見えない。そして家庭を持つ人妻であればそこにあるのは、妻を取り戻す決意にあふれた一人の男だった。朝吹涼子市役所のホールには今日も人があふれていた。住民登録をしたり各種証明書を発行してもらったりするため、いろんな人がここを訪れ、用を済ませて帰っていく。朝吹涼子はぼんやりと人だかりを見つめていた。窓口で二人連れが恥ずかしそうになにかを申請しているようだ。

エッチなブログにハマッて

  • フェラしなくちゃいけない
  • 挿入されていた太い
  • ザーメンの放出を許した女は


美少女の方が男性にとって魅力的なはずで


騎乗位でハメているが

婚姻届だった。こういう光景を目にすると、微笑ましさを感じながらも、いつも涼子の中には冷ややかなものが湧き上がってくる。無事届け出が終わり夫婦となって出口へと向かう二人を見ながら、涼子は昨夜のことを思い出した。夫の周平がテレビを見ながら鮭のソテーを無言で口に運ぶ。の試合を見ているらしい。衛星放送で再放送している野球。おんなじ試合を何度も見て何がおもしろいのかしら。

ナツミのピンク色の乳首にローターを当てて刺激した

涼子はあきれながら、黙って見ていた。またやってる…。食べながら左手の中指と親指とをしきりと擦りあわせている。癖なのだ。この癖はなぜか涼子をことのほか苛立たせる。ごちそうさま!テーブルのあちこちにソースの食べこぼしを残して席を立つとそのままソファへと移動する。このまま野球に本腰をいれるようだ。ねえ、ビールあったかな。


ジタバタと暴れた下半身は

子宮を直接かき回すかのような強烈な突き入れを受けて

涼子は冷蔵庫からビールを取り出し、袋入りのナッツと一緒に渡してやった。お、サンキュ、サンキュ!汚れたテーブルを拭き、食器を洗うと涼子は先に部屋へと戻った。友人の紹介で電子機器メーカーに勤める周平と知りあったのが二十四のときで1年の交際を経て結婚した。涼子は二十八歳になっていた。結婚してもうすぐ仕事にもどる時間だ。空のペットボトルを捨てて席を立つと、ある休憩スペースを出て広聴広報課のある二階へと歩き出した。涼子はホールの脇に自分の席にもどってからも考え続ける。


アソコまで又もやキュ

涼子には自信がある。名門といわれる女子大に入学後は、遊び呆けているものもいる中、真面目に授業に出て優秀な成績で卒業したし、公務員試験にも難なく合格、この地方最大の都市に職員として採用された。これまで順調にキャリアを積み上げ、まわりからも仕事を高く評価されている。そしてなんといってもその美貌である。学生時代には何度も学内のミスキャンパスに出るよう勧められた。もちろん美しいと言われればうれしかったが、少し可愛いだけが取り柄のほかの出場者と同列に扱われるのは嫌だったし、結局は軽薄なイベントにしか思えなかったため最後まで断り続けた。それでいて出場者のだれよりも美しく優秀なのは明らかで、学内一の美人女子大生だと評判になっていた。