そして家庭を持つ人妻であれば

カラオケボックスで桃井とセックスしたあと

乳首の先端にそれを突き立てたのです子供を産んだ事のあるチェリーちゃんなら大丈夫さ。司令官もSMプレイの場数を踏んでるしこっそりポルノビデオに出た経験だってある、とんでもねえオッサンだからよ。ただ、頑丈な外人女と違って日本人女性はデリケートだから、俺がよく見て手加減させてるんだ。つまり俺が。最高に過激な無修正アダルトビデオ。と思ったのは正鵠を射ていたわけで、千恵利はその道のプロであるとんでもない男達に陵辱されたわけだ。
オッパイカラチクビナクナルト
調教師の言葉嬲りにマジメに返事をしましたセックスじゃ満足出来なくなるからな

これほど近くで下半身を凝視されてはたまらない

アナル舐め

やつらちゃんと心得てるから、デカチンをいきなりマンコにぶち込んだ。りしてなかっただろ?そもそも今日は次からのプレイの下準備をしたに過ぎねえんだからな確かにそうだった。ビデオの中の男達は、まず初めにガッチリと拘束した千恵利の開かされた口に1人が勃起ペニスを突っ込んだが、その男は顔に手を回して耳元だの首筋だのを妙に優しく愛撫していたし、残りの三人はAVではおなじみの電動玩具などを駆使して、じっくりとエロチックな刺激を加えていたのである。決して乱暴に扱っていたわけでなく、緩急を付けツボを心得た、さすがはプロのポルノ男優だと、言われてみれば納得出来る巧みな手管で千恵利の性感を開かせていたようだ。そして口を犯していた男が射精すると、他の男と交替して愛撫の持ち場が変わる。

オマンコを拡張している淫具は

初めは屈辱と苦痛で涙目だった千恵利の歪んで正視に耐えなかった顔が、4人掛かりの性戯でたちまち紅潮してエクスタシーを訴える表情に変貌する様に、俺は固唾を飲んで見入ってしまい、無限にザーメンを出せるのではないかと疑われる程大量に放出している画面の中の男達にも負けぬ程、せんずりによって前半だけで何発もの精子をしぶかせてしまっていた。反応のわかり辛ぃ千恵利も、輪姦連続中出し陵辱に入るまでに、何度も何度も性悦の極みに昇り詰めていたのは間違いない。彼女も又幾度となく、本当に噴水のようにど派手な愛液の潮をまき散らしていたからだ。それにしてもチェリーちゃんは大したもんだな。いくらドバドバと潮を吹かせて貰った後とは言え、あれだけのデカチンを楽々呑み込んでたじゃねえか。
かわりにペニスを咥えても真紀の仕方を思い浮かべながら淫らに顔を振ってしごいた

オマンコイキを知りたかった

黒人どもも、あんまりチェリーちゃんの具合が良いんで、喜んで何発も出してやってたな。そのうちガバガバマンコになっちまうかも知れねえが、まあ良かろう佐々木が嘲笑する次の言葉に激怒せねばならぬ筈の俺は、腑抜けのように抗議一つ出来なかった。そして屈辱を噛み締めていると、仕事中コッソリ通話している状況なのに、千恵利と交接出来なくなった愚か者のペニスが猛烈に勃起している事に気付く。一体俺の身体はどこで狂ってしまった。のだろう。どうせお前さんはもうチェリーちゃんを抱く事なんか出来やしねえからな。
尻をしっかり見ることができるが

蕩けそうに濡れ開いた淫華に肉棒を突き立てると

あんなデカチンで大歓びしちまうヨメさんを見せ付けられちゃ、ます。ます自信喪失して立ち直れねえだろうよ。まあ、せいぜいせんずりでもぶっこいてろ。彼女の欲求不満の解消は、全部俺達に任せてりやいいんだ。黙り込んで抗議の言葉一つ口にしなくなった俺に拍子抜けしただろうか。佐々木は次の言葉を言い残してアッサリ電話を切った。
精神状態は早くも射精寸前の域にまで達していた

オナニーで極めてしまった心地良い余韻で股縄が喰い込む

次からは司令官様が大好きなアナルを中心にかわいがって下さるそうだ。から、楽しみにしてろ、じゃあな今日の動画でも男達は千恵利のアナルを欠かさず責めていた。何度も浣腸を繰り返されて、歓喜の潮と同時に汚物混じりの浣腸液を洩らしてしまうと言う恥をかかされていたし、やつらに犯される時は必ず尻穴にも結構大きなバイブレータの類を仕込まれていたようだ。--今日は下準備だと言ってたな。ルまでじゃあ、あのバケモノペニスでアナだがこの時俺は、妻の身体が破壊されてしまうと言う恐怖が不思議とわいて来なかった。余りに強烈な映像のため現実感が乏しく、まるで自分とは無関係なAV女優が酷い扱いを受けているかのような錯覚を覚え始めていたのである。