係長さんはセックスの悦びに変えようとしていた

挿入して

な 興大陰唇を這う微妙な異物の動きにお待たせしました。今度は香奈子さんの番ですよ。お、お願い、やめて…。みんな準備して。こいつ、マジでやるつもりか?文江の股間から銃を引き抜いた翔太が、想いを寄せて無惨に裏切られた。クラスのアイドルに、妙に丁重な口調で近付いていく。クラス全員を恐怖のどん底に突き落としている忌まわしい拳銃で処女を破ろうと言う翔太のやり口に、さすがの俺も戦慄を覚え、香奈子も堪え切れず無駄とわかっても必死で懇願していた。私のこと好きだったんでしょ、今宮君!お願いだから、ことしないで…せめてあなたのでして…。
奴隷の立場をわからせてください
奴隷である俺が気にしなくても良い圭介は懸命に射精をこらえている

男根でかき回された友梨の性器は重症ということなのだろうか

セックスの逆

そんなひどい。その言葉をもっと早く聞きたかったです。昨日僕がやめてくれと言った。ら、あなたはやめてくれましたか、香奈子さん…ゲラゲラ笑いながら僕にオシッコを掛けて、シモの毛をぶちぶち引っこ抜いて、薄汚い包茎チ。ポにケリを入れてくれたじゃないですか…。翔太はこれまでの思いを全てぶつけるかのように、なっていた。途中から泣き声に。制裁を加えさせてもらいます。静かにそう言った翔太は容赦のない銃口で香奈子の股間を抉り処女の鮮血を散らすと、5人のクラスメイトの淫靡な協力で、堕ちたアイドルに屈辱のアクメを味わわせていた。

乳首を同時に捻りあげられた

続いてアッコのバージンも拳銃で奪ってしまった翔太の目には完全に狂気の色が宿り、続いて下した命令は、妙におかしな機械のごとき感情に乏しい口調だった。今度は1人ずつ順番に犯すこと。男はありったけの精液をまんこの中に注ぎ込むこと。女は、男が枯れ果てるまでありったけの精液を搾り取るこ翔太の命令を聞いたクラスメイトたちはまるで操り人形のようにわらわらと俺たちを取り囲み、非現実的な悪夢のごとき性の狂宴が始まった。俺の所に来た名前すら思い出せない大人しそうな女の子も、きっぱりとスカートの下の下穿きを脱ぎ捨てると、セーラー服のままどうにも戻らない勃起しっ放しの俺のペニスの上に腰を下ろして、繋がって来た。い、痛い…。どうやら処女だったらしいその子はしかし、すっかり興奮していたのかそのまま繋がって腰を上出血したアソコをジュクジュクに潤わせており、下させ歓びを貪るのに支障がないようだった。
オナニーはガマンだよ

男根までもが反応してしまうのだ

狂ってる。俺も、この腐れ切ったクラスのやつらも…1人目の子がアクメに到達して離れるとすぐさま新たなバージンのまんこがやって来て、さらに3人目のまんこがしから繋がり積極的に蠢き始めた頃、俺の意識は朦朧としてわけがわからなくなって来た。ほーっか!最後に俺の意識に残ったのは、狂ったように乱交に励むクラスメイトた。ちに小便をぶつかけた翔太が、見たこともない明るい笑顔で一言そう言い残すと拳銃を放り投げて寄越し、警察に投降するため自ら教室を出て行く姿だった。弟の悪友。今日はさ、シンジ君たちと…。美幸、どうしたの?具合でも悪いの?えっその日の夕食の席、すっかり明るさを取り戻した弟の健一が、い、いや、何でもない。
お尻にピッチリ密着して陰嚢と

バストをたっぷり愛撫したあとで

学校であった出来事などを楽しそうに話しているのに、心ここにあらずと言った。感じでぼうっとしていた私は、母に注意されてハッとしました。、アま、又だわ…だ、ダメ、おかしくなっちゃう。私を悩ませる特殊な貞操帯パンツが又嫌らしく動き始めてしまいました。母と弟が見つめる前だと言うのに。しかも私の一番弱い股間の尖りを直撃する卵形バイブだったので、ツーンツーンと足の爪先が反り返ってしまうほど鮮烈な快感が体中に響き渡って来ます。
このオッパイは

処女やから嫌なんやろ

ジジジーと言うくぐもったバイブ音が聞こえないかと気が気ではありませんでしたが、正座の腰を密かにくねらせ、片手にお茶碗を持ったままもう片手に持つ箸を止めて歯を食い縛って快感を堪える私は、もうそんなことを気にしている余裕もなくなって来ました。い、イヤ、お願い止まってえ!ま、マジでヤバくなって来た。うう、こ、こんな。私用にあの子たちがカスタマイズした貞操帯の裏地、ちょうど一番嫌な位置に取り付けられた楕円形で柔らかいバイブは接触面積が広いので、どんなにずらそうとしてもクリトリスに当たってしまいます。しかもあの子たちにしつこく剥きぐせを付けられてしまった剥き出しの感覚の塊を小刻みな振動が心地良く慄わせるのですから、とても平静ではいられません。熱でもあるんじゃないの?顔が赤いわよ。そ、そう…。姉ちゃん。健一!ど、どこ見てるのよア。