オナニーはガマンだよ

レイプだって

口腔で強く吸ったかと思うと舌で舐めま喜八郎のペニスはオッパイを隠したら許さんぞ。その一言が和花を縛っている。もう許して。悲鳴を上げる心を裏切って、ツンと尖ってしまった乳首が車の動きとともに、微妙に揺れて外の景色を脳裏から追い出すように眼を閉じていた。あり得ないほどの羞恥の中で、和花は今すぐにでも死んでしまいたい。だがそれは許されない。心が悲鳴を上げながら、身体は、和花の言うことを少しもきいてくれない。高速をゆっくりと駆け抜けている車内で、商売女のように痴態を演じているというのに。
ペニスに対応するために襞があるらしい
膣筋が強烈に数え切れないほどのオーガズムを与えたはずだった

股間にはユキがしやがみこみ

肛門の肉輪をもめくれさせた

あの時もそうだった。胸をもみしだかれて、こみ上げてく快感。疎ましいくせに、激しく反応してしまう身体あの。ご披露会。のことを思い出していた。あの時、どこか、大きなお屋敷のような場所に着いた。シャワーを浴びて、いよいよかと覚悟を決めようとした時に、あの。聖なる香。を嗅がされた。何をしたわけでもない。

中に入ってくる亀頭を舌全体で包み込むことにした

少しもいいにおいとは感じない。を嗅いだだけのことだ。しかし、そこから、なぜか記憶が曖昧になっていた。ただ、不思議な匂いに包まれながら家元の冷たい目だけが和花の心に刻みつけられていたのだ。いやらしいことをしているわけでもない。家元の静かな受け入れて、ハイと頷くだけだった。それだけで和花が経験したことも、いや、想像したことすらもない快楽が、身体にわき起こっていた。逆らうことを考えてみよ。
ほんとにレイプされるなんていやよ

落ち着きかけた紀美の股間に

と時折混ぜられるその言葉を聞くだけで、信じがたいほどの苦しみが、身体の中から、わき起こってくる。その度に、家元の手が、和花の額を撫でて苦しみから解き放たれた。和花は、やがて、母犬を慕う仔犬のような眼差しで家元を仰ぎ見ていた。快楽と苦痛の、訳のわからぬ混迷の中で、家元の目だけが和花の頭に刻みつけられ、ひたすら。服従せよ。という言葉だけが、心を塗り込めていった。
尻のラインから

乳首を上から指の腹でクルクルと撫でまわし

そうやって一度、服従が刻みつけられると、どれほど恥ずかしいことを命じられても、もはや逆らえない和花になっていた。思い出したくもない、衆人環視の中での羞恥の行為準備の名の下に、その部分を確かめられ、あろうことか、自分の指で慰めさせられた。人前で、我が身を慰めることなど、できるはずがない。だが、いともあっさりと、指は秘部をとらえ、オーガズムへの道を突っ走ってしまった。一言命じられれば、逆らえないのだ。おまけに、秘部をツルツルにそり上げられてしまった。
ガチレイプ画像~オマンコ攻めに大絶叫して潮吹かされちゃいます~

勃起した男の分身器官がニョキッと姿を現し晃一は彼女の真っ正面に立つと仁王立ちにな

それも、和花の羞恥を弄ぶかのように、恥ずかしい行為をしいながらそして、命じられるがままに、披露された場で、居並ぶ男達とのセックス。尻を上げ、脚を広げ、あげくは、自らが男の膝に乗って、男根を飲み込んだ。どの男も深々と和花の牝芯を味わい、子宮に届けとばかりに、射精してきた。信じられなかった。夫だけしか知らないはずの自分が、見知らぬ男達の射精を受け止めながら、身も心も蕩けんばかりの快感を味わっていた。これほどの快楽があったのかと信じられぬ思いのはま、心も体も溶け出しそうなセックスを繰り返す。