バイブをマ×コに突っこまれて

調教は又新たな局面を迎えることとなったのでした

ルージュが剥げた口でペニスを舐めたり吸ったりするところをじっくり見られんその四十五捜査一課。あの車です。石松が到着した時、その車は静かに止まっていた。ここまで、極力、話を広げずに調べてきた。普通なら。を探し、保全し、調べ尽くしてくれる。は、呼んでいない。捜査が一段落した後で、捜査手順を守らないことを後で非難されることになるだろう。しかし、石松が読んだ通りなら、そんなことを言ってはいられないのだ。警察官が、誘拐犯の一味となってる。それは、考えるにも、おぞましい話だ。
おまえの処女を捧げた相手なんだから
挿入して行った乳首も縛って

クリトリスから手を放した

アソコをはしたなく擦り付けて

しかもそれが、警察の頂点に立つ男だとしたら恐れるという言葉を、人生のどこかでそぎ落としてしまった石松の背中に、冷たい汗が流れている。こんなことは初めてだった。開けますか?ポケットの合い鍵を探っていた。メーカーの協力で、たいていの車種の三輪は、スペアキーが置いてある。いや、警察には、この車の合い鍵は既にわかっていた。三輪は、車を調べ尽くしたといっていた。今さら、石松が調べても仕方ないだろう。側を見回すと、ドラム缶が置いてある。

股間を晒け出した

誰かが捨てた古テレビがそばに転がり、カーペットか何かを巻いた何かが、そこにもたれかかっている。そんなモノに埋もれた、ただのゴミが入った、サビだらけのドラム缶何かが、石松を招き寄せたのだ。おい、これ、最近のだな。言うのと、手が動くのは同時だった。まるで、誰かが上に撒いたように、雑多な葉っぱが載せられていたが、まだ、風化してないコンビニの袋に、それは入っていたのだ。CD?いや、DVDってやつかな?わずかに虫がたかっていたが、一緒に入っている3本のコーヒーの空き缶には、壊れたような後は見られない。
肉棒を彩子に押し込んだ

ゆうこちゃんはよつんばいのその格好でお尻をこれ以上ないくらい突き出し

一応、調べて?DVDには、刑事としての本能のようなモノだろう。とっさにはめた白い手袋が、DVDをつかんでいる。コンビニ袋ごと持ち帰るべく、車に積んだ瞬間、微かなエンジン音が聞こえたのだ。とっさに、車の陰に身を隠す。派手なエンジン音がしたあとで、それは現れた。巨大なレンジローバーだ。三人の若い男達は、周囲を気にする素振りも見せず、ついさっき石松達が調べたその車を迷わず開けて、何か、ゴソゴソと探し始めたのだ。
ペニスとは異なる不思議な存在感が新たな喜悦を呼び

実に6割の人妻は

最後に降りてきた男は、飲み干した缶コーヒーをひょいと、木立の間に投げ捨てる。カランカランと、鈍い反響音をさせて、高速の高架橋の基礎コンクリにぶつかってい。課長?カラン三輪は目で、そう聞いてくる。ま、しょっぴくとするか。ネタはどうします?窃盗か…。石松はニヤリと笑って、高架橋を親指で指す。いや、廃棄物処理法違反で、どうだ?空き缶を、確かに放り捨てていた。
アナルファッカーまみちゃんの、御仕置き

まさに牝奴隷の姿だった

三輪は、公務執行妨害付きなら完璧ですね。ま、連中は若いし、こっちは二人だからな。右の頬だけで笑い返す。相手がこちらを舐めてくれれば、抵抗するはずだ。それを押さえれば、地検に送るまでに72時間の拘束が掛けられるのだ。それだけあれば、何かを絞れるだろう。じゃ、いきますか。石松の無言の了解を見て、三輪は、ゆっくりと立ち上がる。