乳首に絡みついてくる

ペニスからたち昇ってきたものだ

肉棒を横ぐわえにした美冴緒の淫らな横顔が見える
ざっと見ただけで百人以上の水着やランジェリー姿の女たちが座っている光景は、写真で見るだけでもかなり壮観だ。皆、一様に胸の谷間が深い。東南アジア系の娘たちがこれほど巨乳揃いとは思えない。大半は手術で作ったモノだろうと米倉は思った。普段は客席となっている場所のテーブルと椅子を少し後方にずらしたものか、そこは多少違和感のある空間となっていた。スポットライトの真ん中に、生贄の女の脚を強制的に開脚させたまま固定するための台、検査台いや今日はむしろ性交台と呼ぶべきか、それがどぎつい赤色で更なる異彩を放っていた。

肉棒に血流を起こさせた
そうそう、最後のふたりの娘たちな、実はさっきもう売却先が決まってしまってな、だからちょっと趣向を変える。まあ五人も同じ事やるよりもいいだろう。クライア。トは万一妊娠してしまっても構わないと言ってるから、大筋は変わらんにしても、もう少し派手なショーにしろ、と寒河江にはさっき言っておいた。ところで、ふたりは多少のマゾ気はありそうか。いえ、あまり期待できる感じではありません。

美咲の下半身に腰をぶつけるようにして

Mがご所望でしたら、むしろ昨日勝った優菜の方が。そうか。いや、それでいい。別に今回のクライアントは本人のマゾ性なんか関係なく強制的に奴隷にするだろうし、日本人であることと、顔立ちが気に入ったのと、それになにより姉妹であることで気に入ったようだった。そうそう、一気にあの店の投資は元が取れたからな。帰ったらお前と寒河江には1本ずつボーナスを出そう。ありがとうございます。そこでもうひと仕事、悪いんだが、明日、ふたりでドバイへ行って、その金を受け取ってきて欲しいんだ。国際送金できる金ではないしな。それと帰りはソウル経由で羽田に戻ってくれ。

セックスよりもオナニーの方が好きなコが多いってこのオッパイは羽田の税関は大丈夫なようにしておく。わかりました。ということは娘たちもドバイへ。ああだが、こちらに輸送などの手間はなく、今夜中に引き渡すことになっとる。まぁそれなりに信頼おける筋ということだ。三田村はいかにも満足げだった。米倉にしても、臨時ボーナスの話は悪くない。三田村に初めて。と言われた時は百万かと思いつつももしかしたら臨時なのだから十万かもしれぬし、その場合も気を落としたのを気取られずにありがたくいただこう、などと考えたことさえ過去にはあるが、実際には三田村の言う。とは、さらにゼロがひとつ多い一千万円だ。

挿入されたブジーの異物感に悩まされて

果たして、いくらの取引が成立したのだろう。大変長らくお待たせいたしました。それでは今回の旅行のメインショ輪姦ロシアンルーレットショーをはじめさせていただきます。今日の司会はリサであった。見慣れた妖艶な赤いチャイナドレス姿だ。ステージ左手から、夏美、由香、麻美の順で自ら歩いて出てくる。三人とも手を頭の後ろに組み、全裸に腰のベルトという先程のスタイルのままだった。

一瞬人妻の貞操感が湧いたが

中央に三人が並ぶと、フラッシュがいっせいに焚かれた。トップバッターは夏美よ。自分で台にしがって。言われて夏美が赤い椅子に歩み寄る。腰のベルトは三人ともそのままであるため、開脚台に脚を乗せて拡げた。瞬間に性器も肛門も丸見えになった。瑞花が樹理、理子の姉妹を従えてステージ右手から現れ、ふたりに指示し夏美の開脚台への固定を手伝わせる。ふたりとも胸の下を絞って乳房を強調するように作られたファーストフード店の店員のような白の揃いの制服姿瑞花はブラをしておらず形良い乳房がはっきりと見て取れる薄物の黒いワンピースを身につけていた。

    1. 男根が相次いで爆発を起こし
    1. 調教師羽黒を集中して責める
    1. レイプを麻里に訴えさせ