硬直した肉の棒が膣口を摩擦して

私をどうやったらレイプできるか

梨乃に見せるために熱烈に男根奉仕をしても。のひと言でそれは梨乃の口へと移りそのまま梨乃の性器で射精というのがパターンで、有香は口にさえその精を受けることはさせて貰えていない。女性器を使っていただけたこと、オマンコしていただけたことは一度もな力1·六それでも、看護婦達や梨乃を始めとする何人かの女性患者の性器を舐めさせられるのだけは日に多い時で十人を超えたため、奉仕をしたいという欲求だけが叶えられるものの、かつてレズの支配者だけで満足出来ていたこともあったじぶんが、これほどまでに男根を欲しているということに、有香は我ながら驚き、呆れてもいた。有香はあくまでも梨乃が女として成長するためだけに存在するかのような扱いにずっと甘んじてきていたわけだ。それでは、男優さん達にも入っていただきましょう。パラパラと客席から拍手が起こる。い、いやつ。こ、黒人なんて聞いてない。
縄尻を掴んで

真佐子という女はプロなみのハウス紀雄が満足したのを確認して熟女はエプロンを外した

ザーメンをお腹に中に飲み込んだミクは

もう少しで股間に指を走らせるところだったのだがこ、壊れちゃう。に、日本人とさせて。入ってきた男たちを目にしたのだろう、梨乃が再び絶叫する。有香はこの部屋に来るまでの間に加奈から聞かされていた。彼女の父親とAVプロダクションが結んだ専属契約は五本のAVに出演。一本目は既に撮り終えて発売もした。二本目が今日撮って来月発売。公開ショー形式での黒人11人との本番ナマ中出しセックスと母親とのレズショー。

勃起しても構わないというのが今の貢の正直な気持ちだった

クンニがこれほど気持ちいいものなら
その後、日本人の男優ふたりが梨乃に、母親役の貴女が黒人男優で性器肛門二本刺し。三本目はいよいよSM。ソフトSMだけど浣腸シーンを入れて元アイドルの排便を見せる。その後のアナルファックで肛門イキが出来るように、明日からはお尻の穴の調教がメインになる。四本目はいよいよ鞭打ちまで入るハードSMとハードイラマチオ十人抜きで、五本目は今度は本当の妹との競演だそうよ。おたった数ヶ月の間に、十九歳の娘が、大人たちの勝手な都合によりそこまで堕されていくのひとご有香にとっても人事ではなかった。
バイブをマ×コに突っこまれて

もう一人前のマゾ奴隷少年ってわけさ

お尻は大きいままだし
しかも加奈は、今回、貴女にはずっと目隠しをしていてもらう。それは貴女が見てはいけないものがあるのでもなんでもないわ。貴女がた母娘がもしいつか同じようにビデオに出演することになった時に不都合だからよ。本物の母親として顔バレで出演してもらう時のために、今回は身体だけ使おうということ。それが五十嵐会長が今回の貴女の出演の許可についてつけた条件よ。

亀頭が体内に入っただけなので

どうか下着の方をよくごらんになってください
と言ってのけたのだ。さあ、一度貴女も立って。司会の女と思われる女に言われながら左腕を掴まれて立ち上がらされる。気配ですぐ右隣に梨乃が連れて来られ、並ばされたのがわかる。座っているときはなるべく項垂れていろと言われたが。ふたりとも手は頭の後ろよ。と言われ、取り慣れた服従の姿勢になる。
裏ムービー

フェラチオに没頭することで

もちろん梨乃もそうしただろう。脱がせなさい。うなだ。女が言うと、自分の前に巨体が立ち塞がった気配がして、次の瞬間、胸元に手を入れられ着ていたスリップをビリリッと音をたてて引き裂かれ、それまで薄布一枚に覆われていた乳房が空気に触れた。もちろん隣の梨乃も同じように下着を裂かれている。同じような音がしたため、やはりスリップかキャミソール1枚だったのだろう。元々身につけていたのはこのスリップ一枚なので、それが布切れに過ぎなくなった今、身体の前面は全て客席に晒されたことになる。と、客席から声があがり拍手が起こる。